仙台から東京の夜行バスでの悲劇

基本的には、三列独立シートであればかなり快適に過ごせるのが経験上の感想です。ですが、やはりイレギュラーはあるのである程度は広い心で夜行バスを利用するのがいいと思います。激安といわれる価格帯の夜行バスはやはりシートも狭く、体はかなり疲れることを覚悟して使うといいと思います。ただ、東京→大阪などは夜行バスを使うと朝早い時間に着くので朝から遊びたい人にはおすすめします。一度利用していいなと思ったのは、頭の部分にフード(カノピーというそうです)を降ろして隣のから顔が見えなくなるタイプでした。1人でバスを利用する時はこのタイプをよく利用していました。また、近ごろはシートのリクライニングをする際、一斉に行ってくれるバス会社さんもあります。夜行バスだとリクライニングしないまま眠るのはかなり辛く、けれど倒すと後ろの方にとったらかなり狭く感じてしまうのでタイミングも難しいのですが、こうしてタイミングを決めてもらうと大変ありがたいです。個人的には窓側より通路側のほうが閉塞感が軽減されて好みでした。ただ、顔が隠れないようなタイプのバスだと窓側のほうがいいかもしれません。そして、マスクは必需品です。顔を隠すにも、乾燥予防にも活躍してくれます。

«
»